独り言

1月28日 月護摩

皆様おはようございます。
本日28日は不動明王の縁日。
明王寺護摩供養の日でございます。(毎月午前10時ヨリ)

今年初めての護摩供となります。一般に初不動(はつふどう)と呼ばれます。

お正月といえば確かにおめでたい事ですが・・・

有名な一休禅師の言葉に

門松は、冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくも無し

とあります。

新年を迎えられたと言う事は大変おめでたい事だけど、

それだけ、死期に近づいた事と考えるとめでたくもない。

という事でしょうか。

杖の頭にシャレコウベ(骸骨)をさして市中を歩き

正月気分に浮かれている人々に上記の歌を詠んだそうです。

風変わりな一休禅師らしいお言葉だと思います。

正月の正しいという漢字は『一』に『止』と書きます。

一に止まる。

即ち『初心に戻る』の意です。

今年一年を幸多い年にするために

不動の心の仏様の日に、一年の初心をお祈りする事をオススメいたします。

南無大聖不動明王 ノウマクサンマンダバザラダンカン 合掌

追伸

一休さんのアニメの画像を見て、終わりの歌を思い出して・・・なんだか泣けてきました・・・。

コメントを残す

*