独り言

目に見えるもの

目に見えるものはあてになりません。

まぁ

目が見える人にとっては

目に見えるものが全てなんでしょうが。

犬は色が認識できないそうです。

目で認識できている世界は白黒だそうです。

でも犬自身は

この世に色があるかどうかなんて知る由もありません。

これを人と仏さまに置き換える事もあります。

所詮人間に見えるものなんて

仏さまの見地に遠く及ばないと・・・。

白石康次郎というヨット乗りの方がいらっしゃいます。

サイトはコチラ

この方の講演会に行った事があります。

とても爽やかな方でとても面白い話でした。

お大師様のお言葉に

「人の消沈は定んで道にある」

という言葉がありますが、まさにこの白石さんの人生という

道はとても面白いものでした。

この講演会の中でお話されたのが

ヨットに独り、大海原の中、酷い嵐にあった時、

瞬間的な判断を求められるが

目に見えるものだけで判断しては失敗すると。

経験や、カン、さらに自分の心の声を聞かないと

判断を間違ってしまうと。

なぁーるほどなぁと。

十善戒というお経の中に

不邪見戒という戒めがあります。

「よこしまな(間違った)物の見方をしない」というものです。

さて、

みなさんは、自分の見方、考え方が、間違っていると思ってますか?

思ってませんよね。

みんな、自分は正しい道を歩んでいると思っていますが・・・

実は、自分の心が間違ってるか間違ってないかは、自分自身に問いかけないと

見えてこない事なんです。

そもそも、その目も全てが見えると思い込んでる目で・・・。

目に見えるものは自分の外にあるものです。

一番大切なのは、目に見えない、自分の心で中です。

お時間のある時に目を閉じて、自分の道を見直してみてはいかがでしょう。

亮善 拝

コメント

  1. おやまだ より:

    たまたま、ほんと、たまたま見ました。いま、霊場会の資料をつくっているのです、こんな夜中に。
    もう眠くて、限界ですが、がんばっています。

コメントを残す

*