御詠歌

バリ島より戻って参りました。

3ae70a8b.jpgお疲れさまです。

昨日戻ってまいりました。

インドネシアのバリ島から・・・。

しかし暑い所でした。

ちなみに写真は野外公演の練習風景です。

日本インドネシア友好文化交流大祭

【曼荼羅祭】

13日のデンパサールでの野外公演と15日のヌサドゥアでの屋内公演の2公演を行ってきたのですが・・・。

とても大変でした。

朝は9時チェックアウトをしてよる12時前にホテルに戻る生活が

一週間続きました。

昼間はずっと、公演や公的な晩餐会等の行事か公演の練習です。

ホテル内にある目の前のプールでさえ

泳いだのは帰国の為の空港へのバスが

ホテルに迎えに来る5分前に泳いだだけでした。

まぁ大変だと言っても、今回の公演の執行部の皆さんの方が

私なんかより何倍も大変だったと思いますが・・・。

その甲斐あって、バリでの公演なのどはとてもよいものが出来ました。

文化や言葉が違う民族でひとつの公演を作りあげるのは

とても難しく、終わってみれば反省点は多々ありますが、

それでも、日本、バリ島の出演者は皆それぞれ

最高のパフォーマンスを見せていたと思います。

九州詠歌青年会

数年前

皆、冷や汗をかきながら、試行錯誤を重ね

福岡の200人くらいのホールで初めて御詠歌の公演いました。

その頃、青年会の中心的存在のKさんが

いつか『バリ島でやるかもしれん』

と、言っていたのを思い出します。

福岡で200人規模の小さなホールでやるのも大変なのに

報酬もなく皆手弁当で、家族に迷惑をかけながら

練習などのスケジュールをこなしている状況で・・・

バリ島なんかで、出来るわけないわな。

と思った事を思い出します。

しかし、それから3年

九州という、いち地方の、いち宗派の青年会が

メインとなって行った御詠歌声明の初の海外公演です。

私は自分で本当に運がいいなぁとつくづく思います。

海外公演なんて…

誰でも出来るものではありません。

キツイスケジュールの中でも、楽しい仲間と作るステージは

やっぱり楽しいもので、お金には代えられない貴重な経験です。

これも、九州詠歌青年会の執行部の方々の

熱い思いと努力のお陰と感謝しております。

参考までに現地のニュースの映像を見つけました。
途中止まる事がありますが頑張って見てください。
ちなみに僕映っとりません!

コメント

  1. Kです より:

    Kさんって釜瀬?

  2. ryo_zen より:

    そういえば、その世代の諸先輩方はみんなKさんですね~(w
    詠歌青年会の中心的な存在のKさんと小倉の中心的存在のMr.Kこと釜瀬さんは別人です。

  3. リョーカン より:

    お疲れさまでした。
    自称舞台監督のKです。
    ちなみに、青年会の中心的存在のK氏とは
    違う人物です(笑)
    小倉の中心的人物とも違います。
    今回出演の皆さんは、ほとんどが待ち時間でしたね。
    待つことは、想像以上にきついですよね。
    しかも炎天下・・・。
    動き回っている方としては、結構すぐ時間がたって、逆に時間が無くって焦るんですが、
    待つ方は何もすることがないから長ーい時間に
    思えたことでしょう。
    ともあれ、あれだけの時間でまとまりのある舞台が出来たことは、誇りに思って良いと思います。僕が、間違ってカイタクを叩いた時も
    動じることなくオンボッケンと言ってくださいました。ごめんなさい。
    次の国内公演では、さらによいものが出来ると確信しています。その時にはまたよろしくお願いします。ではでは。打ち上げにてお会いしましょう(^_^)

  4. ryo_zen より:

    やぁーどうも!
    お疲れさんでした!
    うちのお寺から行った信者さんも舞台が良かったとお褒めの言葉を頂いております。これも縁の下の力持ちの皆さんのお陰だと思っております。お疲れさまでした!

  5. リョーカン より:

    いやー、お褒めの言葉が何よりの薬ですね。
    ところで、僕もブログはじめました。
    よろしくお願い致します。
    リンクしても良いですか?

  6. ryo_zen より:

    おー!
    モチロン!リンク大歓迎!
    よろしく!

  7. Mr.K より:

    ほぉーっ(^^)/
    こんな所にいるいる。
    まさかの猫手・・・いや釜瀬君の名前まで。
    これは中心的なKさんの発言ですね!!
    私はその近所に住む、また別のKです。
    7/5にCD-Rお持ちします。
    それでは
    どうも 僕でした(笑)

  8. ryo_zen より:

    えー?
    最初のコメントはてっきり
    『近所に住む、また別のK』さんの
    発言と思ってたんですが・・・
    あら?
    あれ?
    ・・・・・・・
    えーーー??
    読んでる人はもっと訳分からんよな・・・。

  9. nao より:

    はじめまして。
    履歴から、たどり着きました(yahoo)
    バリですか!?
    観光だったら一度行ってみたいけど
    きっと、すごく大変でしたでしょうね~。
    おつかれさまでした。
    また、あそびにきます(^^♪

  10. チビ より:

    はじめまして。福岡のM寺の信者です。      今回は、感動を有難うございました。       初めて声明と御詠歌を聞き、若きながら、ハマってしまいました。      仏教にハマってしまいました。

  11. ryo_zen より:

    nao様
    ブログ楽しく拝見させて頂きました。
    バリ島では、確かに大変でしたけどその分たくさんの思い出ができました!
    それもこれもお大師さまから頂いたご縁のお陰です!
    つたないブログですがまた遊びにおいでくださいませ^-^
    チビ様
    有難いお言葉ありがとうございます。出演者一堂を代表してお礼申し上げます。
    声明は僧侶しかお唱えする事はありませんが、ご詠歌は僧侶、在家(一般の人)関係なく誰でも一緒にお唱えでき、仏様にお供えできるものです。
    今度は自分で御詠歌をお唱えされると、また違う感動があるかと思います!
    音楽的才能の無い私でも、周りのみんなに助けられ楽しく御詠歌をやっております。ぜひチビさんも御詠歌を始められたら如何ですか?
    お待ちしております!

  12. チビ より:

    私の住職は柴灯護摩法要の中にいます。      今回、バリ島に参加出来たのは、住職が、選ばれたからです。
    高野山真言宗でも沢山の寺院の住職の方々がいますが、その中から、幸運にも選びぬかれたからだと思います。
    私にとって海外デビューでした。住職には感謝で一杯です。私にも、バリ島へのチャンスをくれたからです!!一生忘れられない、思い出になりました。
    写真を沢山撮りましたが!なんとっっ!ご詠歌&柴灯護摩法要とも、沢山のオーブが散乱してました。それと、柴灯護摩法要のは�不動明王と観音様がはっきり!!歓喜あまって涙があふれでました。 パワーと感動を頂き、有難うございました。本当にハードスケジュールお疲れさまでした。

  13. チビ より:

    ごめんなさい。何か最後ら変が(;^_^A       ハードスケジュールお疲れさまでした。

  14. ryo_zen より:

    言葉の意味は良く分らんがとにかくすごい自信です(By筋肉マン)w

  15. Mr.K より:

    ryo_zen師
    バリ公演・・・まだまだ続いていますよ。
    次回バリ公演、それとは別の公演と話が沸いてるみたいだよ。
    どの話に枝がつき、花が咲くのかはまだまだ分らないようですが、ryo_zen師が電脳住職から旅芸人(称名礼)となるのもまず間違いないようです(^^)/
    多分、7/5に中心のKさんから聞かされると思いまーす。

  16. syukou より:

    こんばんは^^
    どうやらバリ公演には続きがあるみたいですね。ご縁からご縁が広がっていく、素晴らしい事だと思います。
    バリ公演の動画が評判良いですよ!!

コメントを残す

*